スマートフォン版へ

競馬は文化だ!netkeibaBooks+ 2017.12リリース

netkeiba Books+とは

「ふりむくな  ふりむくな  うしろには夢がない」

作家、寺山修司の『さらばハイセイコー』の一説です。

勝負の世界には、歓喜と悲劇がつきものですが、競馬は知れば知るほど奥が深い競技です。
血脈、絆、夢……。時として、馬の生き様が人々に感動を与え、筋書きのないストーリーに一喜一憂する。まさに競馬が育んだ独特の「文化」なのです。

netkeiba.comは2017年12月、新たなサービスとして書籍スタイルの『netkeiba Books+』をリリースします。
各ブックは今後、「文化的・社会的側面からみた競馬」「ブームを回顧する」「語り継がれる名勝負」「蘇るラストラン」「歴史的・時代的背景から読み解く」「血脈から本質を探る」「運命を背負った名馬たち」などとジャンル別にカテゴライズし、ストック型のコンテンツとして価値をご提供いたします。

また、リリースを記念し、「有馬記念特別号」を制作。皆様には、全編無料にて公開いたします。ぜひご愛読のほど、よろしくお願いいたします。

『netkeiba Books+』編集部

リリース記念 「有馬記念特別号」を無料公開!リリース時の主なタイトル 「有馬記念で振り返る競馬ブーム」「完全再現 第51回有馬記念 ディープインパクト、ラストラン」「2017有馬記念特別号 無数のドラマ」「テンポイント 40年を経ても色褪せない名勝負」「酒と馬の日々」「漱石と競馬をめぐるー考察」「競馬で学ぶ冬の星空
12月中旬お公開
12月中旬お公開

2017 有馬記念特別号 contents 著名人に聞く「心に残る私の有馬記念」記録が語る有馬記念

著名人に聞く「心に残る私の有馬記念」・朝倉祐介(元ミクシィ代表、シニフィアン株式会社共同代表)・草野仁(キャスター)・永山玳潤(書道家)・矢部みほ(タレント)ほか記録が語る有馬記念 ・最多勝利馬・最多勝騎手・最多勝調教師・最多勝生産者・最多勝馬主など
12月中旬お公開